アロマテラピーのサロンを開業するには

アロマテラピーとは、植物の香りなどの様々な力によって心や身体のトラブルを回復させ、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法のことをいいます。
ストレスに囲まれて生きている現代人の身体を穏やかに回復させる手段として注目されていて、入浴やトリートメント、セルフスキンケアなどのアロマテラピーを上手に生活に取り入れていくことによって心と身体のバランスを保つことができるのです。


ではアロマテラピーのサロンを開業したい場合はどのような手段が必要なのでしょうか。

アロマセラピストという職業は、様々な植物から抽出されるアロマオイルの種類や香り、成分や働きなどを把握し、それらの知識を活かしながらお客様にリラックス効果を与える仕事です。

また、それらに加えて美容や健康増進などもサポートできるのがプロのアロマセラピストと言えます。



アロマサロンを開業する際に、資格が必ず必要なわけではないのですが、アロマセラピストまたはアロマテラピーインストラクターという資格は持っているほうが断然有利です。



さらにサロンを開業するには経験が必要なため、関連のお店で働きながら勉強するのが一般的です。


店舗の場所ですが、自宅や自宅の一室を使用する場合は資金がそれほどかかりません。しかし、新たに店舗を借りる場合は保証等の初期費用がかかってきます。
また、新規のサロンの場合、特徴のない店は集客が難しいため、他店との差別化をはかるとよいでしょう。